• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 国際交流 > パスポート > 申請手続き > パスポート用写真

ここから本文です。

更新日:令和3年5月20日

写真(1枚)

  • 下記の規格にあった写真をご用意ください。
  • 写真はパスポートに転写されます。
  • 写真の裏面に氏名をご記入ください(写真の表面に凸凹が出ないように軽く書いてください)。申請書には貼らずにお持ちください

※規格外の写真など不適当な写真(下記参照)は撮り直しをお願いする場合があります。

 

パスポート用提出写真の規格は、渡航に関する国際的組織である国際民間航空機関(ICAO)の勧告に基づいて定められています。パスポートは海外において唯一の国際的身分証明書であり、パスポートの写真は本人確認をする上で重要となります。また渡航する国によっては、入国審査等の際に顔認証技術により本人確認を行うことが増加していて、パスポートの写真が国際規格に則ったものであることが非常に重要となります。パスポート用提出写真を準備される際は、これらの点をご理解の上、下記の規格等をご確認いただき、写真の作成・提出をお願いします。

 

 

パスポート用提出写真の規格

写真:パスポート用写真の規格サイズ

写真:目元の拡大図

  1. 申請者(請求者)本人のみが正面を向いて撮影されたもの
  2. 申請日から6か月以内に撮影されたもの
  3. 縁なしで左記採寸を満たすもの(顔の寸法は頭頂から顎まで。縦横比の維持が難しい場合は横幅を優先すること。)
  4. 無帽であるもの(申請者(請求者)の申出により、旅券法令に従い、宗教上又は医療上の理由により顔の輪郭が分かる範囲で頭部を布などで覆うことが認められる場合を除く。)
  5. 背景(影を含む)がないもの
  6. 輪郭が露出しているもの
  7. 写真裏面に申請者(請求者)の氏名が記入されたもの(写真表面に筆跡が浮き出ないこと。)
  8. 目の周辺が下記条件を満たすもの

 

目の周辺の条件

目の周辺(左図の四角枠内側)に、髪の毛、マスク、眼鏡、つけまつげ、まつげエクステ等の一分、或いはその影が入ってこないようにすること。

ボックスタイプの自動撮影機やデジタルカメラで撮影した写真を使用する場合は、規格どおりであるか申請前に今一度ご確認ください。

変色や傷、汚れがないこともご確認ください。

 

不適当な写真例
(受付後であっても、審査によって、写真の撮り直しをお願いする場合があります)

服飾・装飾品等

写真:服やアクセサリーが原因の不適当な事例

 

顔の向き、表情等

写真:顔の向きや表情が原因の不適当な事例写真:顔の向きや表情が原因の不適当な事例

 

背景

背景は無地の淡い色(均一かつグラデーション不可)とし、背景と顔(髪)とのコントラストをはっきりさせること。また、顔や背景に影が写っていないこと。

写真:背景が原因の不適当な事例写真:背景が原因の不適当な事例

 

カラーコンタクトや瞳のフチを広げるコンタクトを装着したものや、フラッシュなどの撮影により瞳が赤く写ったものは不適当です。

上記コンタクトを着用の場合、出入国の際、不利益を被る可能性があります。

写真:目の部分が原因の不適当な事例

 

眼鏡

より確実な本人確認確認のため、眼鏡をはずした顔写真を推奨します。眼鏡を着用するとき、色づきのレンズや反射・影があるものは不適当です。また、目を妨げる縁・フレームがないものに限ります。医療上必要とされない限り、サングラスや処方のない色付きの眼鏡は不適当です。

写真:眼鏡が原因の不適当な事例

 

顔や背景に影が写らないようにしてください。

写真:影が原因の不適当な事例

 

撮影品質

撮影時にピントが合っていなかったり、手ぶれしてしまったため不鮮明なものや、顔にてかりや村があるものは不適当です。

写真:撮影品質が原因の不適当な事例

 

画像加工・画像処理

目を大きく見せたり、美白処理、顔パーツやほくろ、しわなどを修正するなどして、本人のイメージを変えることは、いかなる場合も不適当です。また、左右反転した写真は不適当です。使用するカメラアプリによっては左右反転する場合がありますが、不適当です。

写真:画像加工や画像処理が原因の不適当な事例

 

画像・印刷品質

デジタル画像の過剰な圧縮などが原因となってノイズ(画像の乱れ)が発生しているものや、ジャギー(階段状のギザギザ模様)、印刷時のドット(網状の点)やインクのにじみがあるものは不適当です。写真専用の用紙を使用し、鮮明な画質で印刷してください。

写真:画質や印刷品質が原因の不適当な事例

 

その他

頭髪のボリュームが大きい場合

目から顎までの幅と同程度の幅を目から上方髪の方にとり、その部分を頭頂とみなせるよう(下図参照)、サイズを調整ください。

写真:頭髪ボリュームが大きい場合の適当な事例と不適当な事例

 

乳幼児の撮影について

補助者の身体の一部が写り込んでいる場合や目を閉じている場合は、不適当です。顔の向きや動きによる手ぶれにも注意してください。座れない場合は、無地で淡い色のシーツなどに寝かせて真上から撮影した写真でも問題ありません。

PIC-Baby

 

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局旅券室

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3755

ファックス番号:054-221-3766

メール:ryoken@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?