• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 建築・住宅 > 用途地域の指定のない区域(白地地域)の建築形態制限 > 白地地域の建築形態制限/関係法令-法改正の経緯

ここから本文です。

更新日:令和元年11月30日

関係法令-法改正の経緯

用途地域指定のない区域(白地地域)の建築形態制限 静岡県白地地域の容積率等を掲載
良好な地域環境を確保するために
関係法令
法改正の経緯 建築基準法 静岡県基準条例 静岡県の建築関係規定

 

 
法改正の経緯
 

白地地域における建築形態規制に係る建築基準法改正の変遷及び平成12年の改正内容は以下のとおりです。

 
【法改正以前】   【平成4年法改正】   【平成12年法改正】
(1)当初の背景
容積率、建ぺい率が本格的に導入された昭和45年当時、一般的に市街化の程度が極めて低かったが、地方小都市の中心部などで高容積の市街地が形成されている地域があったことから、比較的緩やかな制限として、容積率400%、建ぺい率70%が一律に指定された。
(2)制限値
  容積率制限
  400% <かつ、前面道路が12m未満の場合、幅員のメートルの数値に0.6を乗じたもの以下>
  建ぺい率制限
  70%
  斜線制限
  道路斜線∠1.5
  隣地斜線31m+∠2.5
(1)法改正の趣旨
バブル期の地価高騰等の過程で行われた、大規模な住宅地開発やリゾートマンションなどの無秩序な開発に対応するため、特定行政庁が指定した地域において、容積率・建ぺい率の強化(容積率100%、建ぺい率50%まで)、日影規制の指定が可能となった。
(2)制限値
  容積率制限
  400%(300、200、100%の選択可能)
<かつ、前面道路が12m未満の場合、幅員のメートルの数値に0.6(0.4の選択可能)を乗じたもの以下>
  建ぺい率制限
  70%(60、50%の選択可能)
  斜線制限
  道路斜線∠1.5
  隣地斜線31m+∠2.5
  日影規制
  対象: 高さ10m超
  測定面: 4m
  日影
時間:
4h、5hから選択(5mライン)
(1)法改正の趣旨
モータリゼーションの進展やこれまでの開発行為、建築行為の集積などにより進む土地利用の多様化に対応するため、特定行政庁が地域の土地利用の実態に即して規制する仕組みとするとともに、適用可能な数値メニューを追加し、土地利用の実態を的確に反映するきめ細かな規制が可能となった。
(2)制限値
  容積率制限(選択)
  400、300、200、100、80、50%
<かつ、前面道路が12m未満の場合、幅員のメートルの数値に0.6(0.4の選択可能)を乗じたもの以下>
  建ぺい率制限(選択)
  70、60、50、40、30%
  斜線制限(選択)
  ∠1.5、∠1.25
  隣地斜線(選択)
  31m+∠2.5、
20m+∠1.25
  日影規制(選択)
  対象: 軒高7m超3階以上
高さ10m超
  測定面: 1.5m、4m
  日影
時間:
3h、4h、5h(5mライン)
:「平成12年法改正」欄の下線が新たに追加されたメニューを示す。
  :日影規制については、静岡県建築基準条例で制限される。
白地地域の建築形態規制
 
 

お問い合わせ

くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3079

ファックス番号:054-221-3567

メール:kenchikuanzen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?