• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 建築・住宅 > 用途地域の指定のない区域(白地地域)の建築形態制限 > 白地地域の建築形態制限/用語解説-建築形態制限とは

ここから本文です。

更新日:令和元年11月30日

用語解説-建築形態制限とは

用途地域指定のない区域(白地地域)の建築形態制限 静岡県白地地域の容積率等を掲載
良好な地域環境を確保するために
用語解説
建築形態制限とは 建築形態制限の概要 斜線制限 日影規制

 

1)建築形態制限とは

街並みを構成する要素は、建築物を中心として構成される部分((1)建築物の形態、(2)建築物の形状、(3)外溝)と、道路や公園、街路樹などの都市施設で構成される部分とに分類される。

建築形態制限とは

その中で、今回の建築物の形態制限は、建築物のボリュームをコントロールすることにあり、地域の特性を生かした個性ある街並みの形成や良好な住環境の確保などを図る上で、重要な役割を担うこととなる。

<コントロールする建築物の形態(=ボリューム)>
広がりの方向に対するコントロール
  建築面積や延べ床面積に対するもの(建ぺい率、容積率)
高さ方向に対するコントロール
  建築物の高さに対するもの(斜線制限、日影規制)
白地地域の建築形態規制
 
 

お問い合わせ

くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3079

ファックス番号:054-221-3567

メール:kenchikuanzen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?