• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 全国的なイベント等の県への相談の対応方針

ここから本文です。

更新日:令和4年5月27日

大規模イベントに係る県の対応方針

1 主催者の皆様へのお願い

 催物・イベント等を企画される皆様におかれましては、以下の感染症対策を実施していただきますよう、お願いします。

 0527event

2 イベントの開催制限 

 イベント等における開催制限は以下のとおりです。

20220322_kaisaiseigenn

1 大声なしの場合

  収容定員まで可(参加人数5,000人超かつ収容率50%超となる場合は、感染防止安全計画の提出が必要)

(注)「大声あり」の定義を「観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」とし、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントは「大声あり」に該当するものとします。

2 大声ありの場合

 参加人数5,000人かつ収容定員の50%のいずれか小さいほうを限度

3 大規模イベントに係る事務手続き

 主催者の皆様に求める事務手続きは以下のとおりです。

 20220322_kannsennboushiannzennkeikaku

1 感染防止安全計画について

 (1)対象

       大声なしで参加人数5,000人超かつ収容定員50%超のイベント

 (2)手続き  

      主催者は、感染防止安全計画を作成の上、当該イベントの参考資料とともに開催2週間前を目途に県へ御提出をお願いします。

      また、イベント終了後1か月を目途に結果報告書を作成し、県へ提出してください。

   イベントにおいて問題が発生(クラスター発生、感染防止対策の不徹底等)した場合には、直ちに結果報告書を県へ提出していただきますようお願いします。

「参加人数5,000人超」は、ピーク時に5,000人を超える状態を意味します。

   例として、午前中4,000人、午後4,000人の計8,000人のイベントは、感染防止安全計画の対象となりません。

  なお、屋外イベントなど、参加者を事前に把握できない場合や収容定員が設定されていない場合は、想定する参加人数が5,000人超かつ人と人とが触れ合わない程度の距離(1mの身体的距離の確保が不可)で開催するとき、感染防止安全計画策定の対象とします。

  提出先

  (1) 県有施設におけるイベント 施設所管部局

  (2) 県が共催・後援をしているイベント 所管部局

  (3) (1)(2)以外のイベント 危機管理部(boukei@pref.shizuoka.lg.jp)

 

2 チェックリストについて

 (1)対象

        「大声あり」又は「参加人数5,000人以下又は参加人数50%以内」のイベント  

 (2)手続き

        主催者はチェックリストを作成し、ホームページ等で公表することで、参加者へ感染防止対策の実施を呼びかけてください。

      (県への提出は不要です。1年を目途に資料の保管をお願いします。)

 イベントにおいて問題が発生(クラスター発生、感染防止対策の不徹底等)した場合には、直ちに結果報告書を県へ提出していただきますようお願いします。

4 作成いただく様式、参考資料等

各種様式

催物の開催制限について(国通知)

大規模イベントに係る県の対応方針

静岡県のイベント開催における感染防止方針

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3512

ファックス番号:054-221-3252

メール:boukei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?