• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 健康福祉部 > こども家庭課 > 不妊治療費助成 > 保険適用に向けた経過措置について

ここから本文です。

更新日:令和4年3月24日

令和4年度の経過措置について

令和4年4月からの保険適用への円滑な移行に向け、移行期に不妊治療を受けられる方の治療計画に支障が生じないよう、以下の経過措置を講じます。

対象となる治療

従来の特定不妊治療費助成制度で対象となる体外受精及び顕微授精のうち、1回の治療の開始が令和4年3月31日以前であり、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に終了する保険適用外で実施した治療

(令和4年3月31日以前に凍結した胚を用いた治療区分Cについては、令和4年4月1日以降に治療開始していても対象となります)

助成回数

1回限り

ただし、令和4年3月31日以前に終了した治療の申請により、既に上限回数に達している場合は対象外となります。

その他

治療開始日や終了日、治療区分、年齢等の考え方や給付内容については、令和3年度までと変わりません。

令和3年度までの事業内容

 

(参考)厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

不妊治療の保険適用への検討状況【不妊治療の保険適用の円滑な移行に向けた支援】を参照ください。

不妊治療の保険適用への円滑な移行に向けた支援(厚生労働省令和3年度補正予算の概要から抜粋)(PDF:272KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来局こども家庭課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2993

ファックス番号:054-221-3521

メール:kokatei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?