• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 疾病対策課トップ > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問 > よくある質問9

ここから本文です。

更新日:令和4年9月7日

よくある質問9

質問

社員が陽性となったのですが、今後会社としてどのように対応すればよいですか?

回答

職場内に感染者が発生した場合は、感染対策がとられていることを前提に、職場内で濃厚接触者の特定を行う必要はありません。感染者を自宅待機とし、必要に応じて施設の消毒を行い、感染者との接触者に以下のことを周知してください。
・症状がある場合は速やかに医療機関を受診すること
・最終接触日から5日間は、高齢者等重症化リスクの高い方との接触や感染リスクの高い場所の利用、会食等は避けること

感染者の療養期間は次のとおりです。御理解、御協力をお願いします。
有症状の方・・・発症日から7日間。
無症状の方・・・検体採取日から7日間。ただし5日目に「体外診断用医薬品」として販売されている検査キットによる検査で陰性を確認した場合は6日目に解除可能。

感染者が触れた場所等を消毒する場合、テーブルやドアノブなど多くの人が手を触れる場所には、市販の塩素系漂白剤の主成分である「次亜塩素酸ナトリウム」やアルコール消毒液が有効です。
≪次亜塩素酸ナトリウム使用方法≫
市販の家庭用漂白剤(例:キッチンハイター等)を、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるように薄めて拭きます。その後、水拭きします。(例:500㎖の水に家庭用漂白剤(濃度が5%のもの)を5㎖混ぜると0.05%の濃度となります。)
※「次亜塩素酸ナトリウム」は「次亜塩素酸水」とは使用方法が異なります。ご注意ください。
※金属製のものに次亜塩素酸ナトリウムを使用すると腐食する可能性があります。ご注意ください。
≪アルコール消毒液使用方法≫
濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いてふき取ります。
※60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません。
※アルコールに過敏な方は使用を控えてください。
※引火性があるため、空間噴霧は絶対にやめてください。

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策局新型コロナ対策企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2982

ファックス番号:054-221-3716

メール:c19taisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?