• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・薬事 > 衛生課(動物愛護班) > 新型コロナウイルスについて

ここから本文です。

更新日:令和2年7月13日

新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。

ペットを触った際は石けんや水で手洗いをする、過度な接触を避けるなどの普段からの実施している一般的な衛生管理を実施しましょう。

現時点で、公表されているペットに関連する新型コロナウイルスの情報は以下のとおりです。

1.コロナウイルス感染症について

これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

厚生労働省(新型コロナウイルスに関するQ&A)(外部サイトへリンク)

2.新型コロナウイルスは動物から人へ感染しますか?また人から動物へは感染しますか?

これまでのところ、新型コロナウイルスがペットから人に感染した事例は見つかっていません。

ペットから人への感染については、海外において、人から動物が感染したと考えられる事例が報告されています。

ただ、人での発生は、人から人への接触によって引き起こされており、現在、人から感染した動物が、このウイルスを拡散する役割を担うという証拠はありません。

一般に、動物との過度な接触は控えるとともに、普段から動物に接触した後は、手洗いや手指消毒用アルコールで消毒などを行うようにしてください。

厚生労働省(動物を飼育する方向けQ&A)(外部サイトへリンク)

東京都獣医師会(外部サイトへリンク)

新型コロナ感染症から人とペットを守る(PDF:373KB)

厚生労働省(動物由来感染症)(外部サイトへリンク)

東京都獣医師会(飼い主のみなさまへ)(外部サイトへリンク)

3.新型コロナウイルスに感染した場合、ペットはどのようにすればよいですか。

→基本、在宅療養される場合は、ご自身もしくはご家族で、入院される場合は、ご家族もしくはお世話をできる方にお願いしてください。→環境省(外部サイトへリンク)

その時に注意していただく事項として→東京都獣医師会(外部サイトへリンク)を参考にしてください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局衛生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2347

ファックス番号:054-221-2342

メール:eisei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?