• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 東部健康福祉センター(トップページ) > 東部健康福祉センター(各課・班の主な業務内容と電話番号) > 東部健康福祉センター(健康増進課) > 歯みがきクイズ(健康増進課)

ここから本文です。

更新日:平成30年8月16日

歯みがきクイズ

★歯みがきについてのクイズ★

以下のクイズに、○か×でお答えください。

問題1 むし歯予防には、歯ブラシに何もつけずにみがくのがよい。
問題2 歯周病は、歯みがきだけで予防できない。
問題3 歯周病は、全身の病気と関係がある。
問題4 うがいができない乳幼児や高齢者は、歯みがき剤を使わない方がよい。
問題5 イオン飲料ならば、飲んだ後、歯みがきしなくてもよい。

 

【正解】

問題1の答えは×です

ブラシだけでは、むし歯予防に効果が認められません

歯ブラシだけでは、歯垢(しこう、細菌の塊)のうち、約60%しか取除くことができません。
また、むし歯になりやすい噛み合わせの溝は歯ブラシの毛は太くて奥まで届きません。
フッ化物配合歯みがき剤を使うことで20~30%のむし歯効果があります。

 

(1)むし歯の要因

むし歯の要因は、「むし歯を作るミュータンス菌」、「ミュータンス菌のえさになる砂糖」、「むし歯菌により破壊されてしまう歯」の3つです。


(2)むし歯予防対策

その1 むし歯を作るミュータンス菌を減らすには、歯みがきが基本です。
その2 ミュータンス菌のえさになる砂糖を減らすには、砂糖の取り方や間食の食べ方、甘い飲み物・イオン飲料の飲み方に配慮が必要です。
その3 歯を強くするには、歯が顎の中で作られている時やお母さんのおなかで赤ちゃんの歯が作られている時に、バランスのとれた栄養を取ることが重要です。生えた歯に対しては、フッ化物(フッ化物塗布、フッ化物洗口、フッ化物配合歯みがき剤)の使用が効果的です。

 

(3)効果的な歯みがき剤の使い方

年齢にあった適正な量のフッ化物配合歯みがき剤を使いましょう。
また、フッ化物を適量口の中に残すために、歯みがきの後のうがいを1、2回にとどめましょう。

2歳未満 米粒大(0.1g未満)
3~5歳 あずき粒大(0.1~0.2g)
6~14歳 約1cm(約0.5g)
15歳以上 約2cm(約1g)dental-care5

 

問題2の答えはです

歯みがきだけで歯周病菌を減らすには限界があります。

歯周病菌からお口を守るグッズをご存知ですか?

歯と歯肉の境目や歯と歯の間の歯垢(歯周病菌等)を取り除くには、歯ブラシの他、デンタルフロス(糸ようじ®等)や歯間ブラシを使うと効果的です。
歯垢の除去率は、使用する道具によって変わります。



自分の歯並びや歯の状況に合わせて、道具を上手に使いましょう。
基本的には歯と歯の間の隙間がない場合、歯ブラシとデンタルフロス。
ブリッジを入れていて、隙間がある場合、歯ブラシ+歯間ブラシが良いでしょう。
歯並びや歯の状況によっては、歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの3つが必要な場合もありますので、かかりつけの歯科医院で自分に合った歯みがき方法や道具についても、アドバイスをもらいましょう!

 

問題3の答えはです

歯周病は、心疾患、糖尿病、誤嚥(ごえん)性(せい)肺炎、動脈硬化等と関係があることがわかっています。歯周病菌を肺に吸い込んでしまうと肺炎を引き起こす可能性があります。また、歯周病の炎症で生じた物質が血液中に入ることで、動脈硬化や心筋梗塞などが促進することもあります。

 

問題4の答えは×です

うがいできなくても使用できる、泡状や液状、ジェル状の歯みがき剤があります。乳幼児は丈夫な歯を育てるために、高齢者は、歯の根元にできるむし歯予防にフッ化物配合の歯みがき剤の使用が効果的です。

 

問題5の答えは×です

イオン飲料は、酸性度が高く、歯を溶かすので、飲んだ後は歯みがきが必要です。特に眠っている間は唾液がほとんど出ないので、イオン飲料は口の中に残ったままになり、むし歯や酸蝕歯(さんしょくし)の原因になります。
まず、うがいをしてイオン飲料を洗い流し、次に、残っているイオン飲料や歯垢を歯ブラシとデンタルフロスや歯間ブラシで取り除きましょう。

 

 

トップページに戻る 健康増進課のページに戻る

 

お問い合わせ

静岡県東部健康福祉センター 

〒410-8543 沼津市高島本町1番地の3

電話番号:055-920-2112(健康増進課)

ファックス番号:055-920-2194

メール:kftoubu-kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?